仁保耳鼻咽喉科医院

開設1919年一人ひとりをじっくり診療3代に渡り自由診療を行っている耳鼻咽喉科です。

仁保耳鼻科医院 第三代目 院長 仁保 正和 Kazumasa Niho仁保耳鼻科医院 第三代目
院長 仁保 正和 Masakazu Niho

ご挨拶
仁保医院は手術をしないで治す自由診療の医院(1919年開設)です。
“一度の受診で治る”という評価を得ているので日本経済新聞らいふプラス・医療(2014年10月)にも取り上げられました。真のかかりつけ医としての責任をもち一人の患者さんに必要とする時間をかける医療を行っていること、病気は変わり薬の効能は進歩している現状の中で正しい処置を行い有効な薬を使用すると手術しないで治すことができることなどが理由でしょう。今してはならない手術が行われていますのでご相談下さい。

仁保耳鼻咽喉科医院の特徴

自由診療

自由診療
自由診療を行っているというと高額所得者だけを診ていると考える人が少なくありません。
しかし今自由診療を掲げる医師は日本経済新聞らいふプラスの特集記事を見ると私の他には都内のひとりだけでしたので、今医科で自由診療を行っている医師はほとんどいないといってよいのでしょう。それは次の理由のためです。高額所得者だけを診ていた医師はかってはいたでしょう。しかしオイルショックとリーマンショックや20年に及んだデフレが我が国にもたらした経済状況は高額所得者だけを診る自由診療を成り立たせなくなりました。
一方質を守る医療を提供する自由診療は所得に関係なく、それを求めるひとたちに提供することができます。当院には所得に関わらず患者さんが来院してくれます。
私が行っている自由診療をひと言で説明すると“患者さんのこころを大切にしながら病気を診断し治療するために必要とするだけの時間と手間をかける医療”です。その時行われる“診断と治療はエビデンスを積み重ねた合理的なもの”で、それらは“オリンピック代表選手クラスのレベルをもつという院長の誇りと鍛え上げた技術”をもって行われます。

詳しく見る

患者さんの声

患者さんから頂いた声の、ほんの一部をご紹介します。

64歳 男性 東京都世田谷区

幼少時からの中耳炎が側頭骨骨髄炎になるまで悪化し命に関わる事態に陥った際、横浜に名医がいるという紹介を受け駆けつけたのが先代の仁保先生。難手術の後救われたのでした。後を引き継いだ正和先生のケアのもと現在も健康に過ごしております。誠に感謝に絶えません。抗生物質のなかった戦時下から地球温暖化による天変地異の中、元気に仕事や生活が送れていることを感慨深く思うとともに、あの危機を乗り越えさせてくださった先生に常に‘有難う’の言葉を忘れません。

お手紙の続きを見る

診療時間

診療時間エントランス

診療時間
09:00~12:00
15:00~18:00

診療 休診

※水曜日・土曜日午後、日曜、祝日は休診となっております。

お問い合わせ・ご予約 045-311-2692

診療時間午前9:00~12:00 午後15:00~18:00(受付終了時間は17:30)

休診日水土午後、日曜、祝日

所在地神奈川県横浜市神奈川区台町1-1

アクセス方法・診療時間